AGA・薄毛の人におすすめの髪型

AGA・薄毛の人におすすめの髪型

薄毛になると、髪型に困りますよね。できるだけ薄毛が目立たない髪型にしたいとは思っても、髪の毛の本数は少なくてバリエーションが減ってしまいます。
だからといって、ボリュームアップのためにパーマなどをかけると頭皮にも頭髪にも負担がかかりすぎて、余計に薄毛を進行させるのでは…と不安になってできませんよね。
薄毛の人が感じる髪型の悩みは、結構深刻なものです。
では、薄毛が目立たない髪型にはどのようなものがあるでしょうか。

 

隠すから余計に目立つ薄毛

薄毛の人はできるだけ目立たないようにと考えると、隠す方向で考える人が多いです。
でも、薄毛を隠していると周りからみて違和を感じる髪型になります。
余計頭に目線が集中して、薄毛であることが目立ってしまうのです。目立たせないためには隠そうと考えるのではなく、潔くさっぱりしてみてください。
その方が意外と目立ちにくくなります。長さは短くするのがポイント。薄くなっている部分と短くなっている部分が交わって、何となく目立ちにくくなります。
薄毛を目立たなくするには、短髪が一番です。毛の量も統一したほうがいいので、残そうとせずに薄毛の部分とバランスがいいように量を調整してもらいましょう。
頭頂部から薄くなっている人は特に、潔く!が基本です。
スキンヘッドでもいいですし、それができないならスポーツ狩りなどでもいいでしょう。

 

 

頭頂部が薄くないなら、ソフトモヒカン系がおしゃれ

薄毛でもおしゃれな髪型にしたい!という人は、頭頂部が薄くないならソフトモヒカンなどはどうでしょうか。
やんわりと生え際からくる薄毛をカバーできますし、何よりおしゃれですね。
それほどモヒカンを際立たせなければ、仕事にも大丈夫な髪型です。

 

 

オールバックでかっこいい薄毛が目指せる?!

M字の薄毛にオススメなのは、オールバックです。
M字が目立ちすぎると思うかもしれませんが、これも潔く見せる薄毛をごまかす工夫です。
オールバッグにすると普通の人でも若干M字のようになりますので、一見わかりづらくなります。

 

 

若はげ対策【シャンプー編】

できることなら自分には降りかかってほしくない「若ハゲ」の恐怖。とはいえ、遺伝や生活習慣や食生活の乱れなどによってその恐怖は確実にあなたの元へと忍び寄るかもしれません。
そんな若ハゲから逃れるために、若いうちからのケアはとても重要。特にシャンプー選びは若ハゲ対策にとってとても重要であるといえます。
そこで若ハゲに効果てきめん!シャンプーの選び方、使い方についてまとめてみました。

 

若はげ対策でなぜシャンプーを見直す必要があるのか?

物心ついたころには気が付くと日本人は当たり前にシャンプーをする習慣が身についているのが普通。
もちろんそれはあなたを生んで育ててくれた親が毎日わが子を清潔に保つためにしてくれていたこと。
子供の頃は当たり前ですが、母親なんかが購入するシャンプーを一緒に使ったりしていますよね?
大人になって、一人暮らしをはじめてからもそのままのシャンプーを使っていたり、結婚すれば奥さんが買ってくるシャンプーをそのまま使っている方、多いのでは?

 

しかしながら、この女性が使うシャンプーというのは美しい髪を保つためにキューティクルを守るシャンプーであることがほとんど。
このキューティクルを守るために使われているシリコンという成分が、実は男性にとっては若ハゲ進行につながる犯人の一人であったりするわけです。
というのは、このシリコン、十分なすすぎができていないとフケと一緒に毛穴に詰まってしまうことがあるのです。
当然詰まった毛穴からは毛は生えづらくなってしまいますよね。
これが若ハゲを進行させてしまうのです。

 

なので若ハゲから逃れたい人は今すぐその嫁やオカンと一緒のシャンプーをやめて、自分専用の薄毛対策シャンプーに切り替えたほうがいいでしょう。
具体的には「ノンシリコン」の「アミノ酸系シャンプー」というのを選ぶのがいいでしょう
毛穴を詰まらせるシリコンが入っていないことが大切ですし、アミノ酸系のシャンプーは頭皮に優しく健康な毛穴を作ってくれます。

 

若ハゲおすすめシャンプー3選

では、具体的に若ハゲ対策にはどのシャンプーがおすすめなのでしょうか。
一言に「育毛シャンプー」といってもお手頃なものから結構なお値段のものまでその種類は様々ですものね。
そこでお勧めの育毛シャンプーを3つご紹介したいと思います。

 

ウーマンシャンプープレミアム

ウーマンシャンプープレミアム

 

人間の皮脂の成分に近い性質を持っていて、昔から髪の毛によいとされている「馬油(マーユ)」、海藻の約10倍のフコダインが含まれている「カゴメ昆布」、頭皮に活力を与え、健康にしてくれる成分「アミノ酸BCAA」、髪の毛にボリュームを増やしてくれるたんぱく質成分「加水分解ケラチン」、頭皮の肌荒れを防いでフケ、かゆみを防いでくれる「グリチルリチン酸2K」が配合。
まさに髪の毛と地肌のことをしっかりと考えてくれているシャンプーです。
また、他にも25種類の天然有効成分が使われています。
事実、口コミでの評判も良く、実績も折り紙付き!お値段は1本300ml(約2か月分)入りで4320円ですが、定期購入で買うなら3460円と30%もお得なのもうれしいですよね。

 

スカルプD

スカルプd

人気芸人やアイドルが起用されたTVCMでもおなじみ、育毛シャンプーの代表格。
発売より改良に改良を重ね、現在販売されているものはなんと12代目なのだそう。
新成分としてコンディショナーにヒートアクション成分の新配合をプラス。
さらに「高保水コラーゲン」「浸透コラーゲン」の2種を贅沢に配合することによってより髪の毛に優しい育毛シャンプーへと進化しています。
通常価格は3900円ですが、定期購入だと15%OFFの3315円とお得。
皮脂をしっかりと落としたうえで育毛するうえで大切な成分をプラスしてくれるので特にあぷらっぼい頭皮でお悩みの方にお勧めのシャンプーです。

 

Rigaos薬用エフェクティブシャンプー

リガオス

若ハゲ対策、と言っているくらいですから、当然今ここを読んでいる人は10代〜20代の若い人が多いでしょう。若ハゲは絶対に嫌だけど育毛シャンプーはお財布に厳しい・・・とお悩みの方はこちらのリガオス薬用エフェクティブシャンプーがおすすめ。
値段も864円(メーカー希望価格)とお手頃ですし、何よりドラッグストアなどで市販されているのが何よりもありがたいところ。
ニオイケア、育毛ケア、べたつきケアの3タイプに分かれているので自分の悩みに応じて選べるのもポイントです。
薄毛対策は今からでも取り掛かりたいんだけど、お金もないし何より通販はちょっとな・・・という方にはまずはこちらから試してみるのがいいのではないでしょうか。

 

シャンプーの正しい使い方

ここまで、シャンプーの製品自体についてのお話をしっかりさせていただきましたが、せっかく育毛に適したシャンプーを購入しても、正しい方法でシャンプーをしなけらばその効果は半減。
というわけで正しいシャンプーの方法とは何ぞや、について述べてみたいと思います。

 

シャンプーで洗うのは「髪」じゃない!

シャンプーと聞くと、「髪の毛を洗うものだ」と思っている方も多いのでは?
実はこの方法は間違っています。
シャンプーというのは髪ではなく頭皮を洗うもの。
というのは髪の毛自体につく汚れはほとんどホコリだとか整髪料が主な原因。
これらはおおよそぬるま湯で流すことによりその汚れは落ちます。

 

ですが頭皮の汚れの主な原因は皮脂によるもの。
こちらはアブラ汚れなのでシャンプーでないとなかなか落ちないのです。
なので毛穴に詰まったアブラ汚れを落とすのがシャンプーの主な目的。
なので髪の毛をゴシゴシこすり合わせてシャンプーするのではなく、頭皮をもみこんでマッサージするようにシャンプーするのが正しいシャンプー方法なのです。

 

熱いお湯を使わずぬるま湯で流す

特に朝にシャワーを浴びる方は寝起きの頭をすっきりさせるためにも熱いお湯で勢いよくシャンプーを流してしまいたくなるものですが、実はこちらもNG。
熱いお湯でシャンプーを流すと本来頭皮に必要な油分やせっかくの育毛シャンプーの有効成分までもが流れ落ちてしまいます。

 

髪についた汚れはぬるま湯で優しく、時間をかけて流すことが若ハゲ対策にとっては大切。
ちなみに朝にシャンプーをする習慣のある人は、夜のシャンプーに切り替えたほうが育毛にとってはいいでしょう。
髪の毛は夜育つので、その前に毛穴の汚れをリセットしておくことが大切です。
どうしても朝シャワーを浴びたいという人は、朝のシャンプーはシャンプー剤を使わずぬるま湯で流すだけにして、夜シャンプーするようにしましょう。

 

シャンプー剤はよく泡立てること

シャンプーを手に取ったら、そのまま頭皮につけて髪の毛で泡立てている人はいませんか?
こちらは髪の毛に摩擦を起こしてしまうため、髪のダメージのもとにつながるのでNG。
シャンプーを手に取ったら、まずは手のひらでしっかりと泡立てることが大切です。
手のひらで泡立てるのが面倒な人は、100均などで売っている洗顔用の泡だてネットや体を洗うナイロンタオルなどを使うと手軽に泡立ちます。

 

シャンプー後はしっかりとドライヤーを

ドライヤーの熱で髪の毛が痛みそうだからとドライヤーをしないのはよくありません。
髪の毛を湿らせたままでいると雑菌が繁殖してそれが髪のダメージの素となってしまいます。
ドライヤーを近づけすぎず丁寧にかつしっかり乾かして、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

 

自分に合ったシャンプーを選ぶこと

まず、自分の頭皮が脂っぽいか乾燥しているか、フケは多いのか、かゆみはないか、においは?などをしっかりチェックして自分に合ったシャンプーを選ぶこと。
フケが多い人は乾燥肌の人が多いので、こういったタイプの人がアブラをしっかり取るタイプのシャンプーを選ぶと乾燥が進行してしまい逆効果。
反対にアブラっぽい体質の人がフケやかゆみ対策のシャンプーを選ぶと保湿成分が行き渡りすぎて毛穴を詰まらせてしまう原因になりかねないので要注意を。

 

若はげ対策【サプリメント編】

徹底的に若ハゲに立ち向かいたいのであれば、サプリを取り入れてみるのはいかがでしょうか?
ここでは、「なぜ薄毛対策にサプリがきくのか」「どんな成分がきくのか」「おすすめ商品」についてまとめてみました。

 

若ハゲに効く成分4種

若ハゲ対策に摂りたい成分は主に4種類。取ってほしい成分とその理由について述べています。

 

1、ノコギリヤシ

男性型脱毛症候群(以下AGA)はDHTという男性ホルモンが頭髪の毛周期を短くさせることで起こります。そのためクリニックなどに行くと薄毛対策としてDHTの生成を抑えるフィナステリドという有効成分が入ったプロペシアなどを処方されるのですか、こちらは医薬品なのでどうしても副作用のリスクが伴います。ですがこのフィナステリドと同じようにDHTの生成を抑える働きをする成分として注目されてくるのがこのノコギリヤシ。インディアンにハゲがいないのは、昔からアメリカの原住民がノコギリヤシをよく口にしていたからだそう。薄毛の元をしっかりと抑えてくれて、しかも天然成分なので副作用の心配がないというのがノコギリヤシのいいところなのです。

 

2、亜鉛

こちらもノコギリヤシと同様に、DHTの生成を抑える効果がある成分として薄毛対策に用いられる成分です亜鉛の一番のメリットは市販のサプリでも手軽に摂取できるところ。ドラッグストアやコンビニ、スーパー、にて気軽に購入することができます。また、食事から摂取することも可能なのがこの亜鉛。具体的な食材としてはウナギや牛肉、牡蠣、大豆製品などから摂取することができます。
また、亜鉛には髪の毛の主成分であるたんぱく質から毛髪を作ってくれるので、抜け毛対策と育毛対策のどちらも行ってくれる、いわば一石二鳥のお得な成分なのです。
ノコギリヤシとの併用でさらに抜け毛対策に効果があります。

 

3、マルチビタミン

ビタミンと一言にいってもその種類は様々ですが、ビタミンはそれぞれ人間の体を作ってくれる大元の成分として必要不可欠。特に毛髪によいとされているビタミンはこちらです。
・ビオチン
ビタミンB7ともいわれるビタミンで、美肌を作るビタミンとしても注目されていますが、こちらは髪にもとてもいいのです。まず、毛髪や頭皮の健康を促進し、短くなってしまった髪の毛の寿命を延ばしてくれます。
・ビタミンB群
ビタミンB2とB6はたんぱく質を体内の組織に変えてくれる働きをするので髪の毛の生成に役立ちます。といってもB2とB6にこだわらずビタミンB群をバランスよく摂るのが効果的です。
・ビタミンE
若返りのために必要なビタミンです。頭皮の細胞を壊す過酸化脂質を抑える働きがあります。ビタミンCやコエンザイムQ10などと一緒に摂るとなお効果的ですが、こちらは脂溶性ビタミンと言って摂りすぎるとカラダに溜まってしまうので摂りすぎには要注意。(ちなみにビタミンB,Cは水溶性ビタミンなので毎日きちんと摂取することが重要です。)

 

4、イソフラボン

イソフラボンは植物性たんぱく質の宝庫。髪の毛の原料はたんぱく質なので、健康的な髪の毛を作るのに必要な成分と言えます。また、最近の研究ではイソフラボンに薄毛ホルモンDHTの素となる5αリダクターゼを抑える働きがあるということが分かってきています。髪の毛の原材料と薄毛ホルモンの抑制、同時に行ってくれるのがこのイソフラボンなのです。

 

何故サプリメントがおすすめなのか?

今まで薄毛対策として有効だとされてきたのは頭皮のマッサージや育毛剤、シャンプーなどの髪の外側から有効な成分を吸収させて頭皮を健康にし、髪の毛の生成を助けるというものが多くありました。
いわゆる「ハゲ薬」というやつですね。
ですが近年AGAという症状が叫ばれるようになってから、薄毛の原因であるホルモンの生成を抑えることや髪の毛を健康にする成分をたくさん摂取して健康な髪の毛を体の中から作っていこうという考え方が見直されています。

 

また、頭皮マッサージなどは時間的にも余裕が必要なのに対してサプリメントで薄毛対策をするのであれば毎日水を飲むついでにサプリを摂るだけでいいのでとてもお手軽ですよね。
忙しさのせいで食生活や生活習慣が乱れがちでどうしても薄毛対策に時間がさけない・・・なんて人にとっても、サプリ摂取位なら簡単にできてしまうのがうれしいポイント。

 

また、サプリを摂取し続けていると育毛効果はもちろんのこと、毎朝寝起きがつらかったという人が目覚めが良くなったり、体の疲れが取れないという人がすっきりできたりなんていう相乗効果も期待できるのがうれしいところ。
つまり、サプリは忙しい現代人でもお手軽な形でカラダの中から健康にすることで髪の毛も健康にしてしまうというものなのです。

 

薄毛対策は若いうちから取っておくことがとても重要。
とはいえ、生活環境や食生活がどうしても変化してしまうのもこの10代後半〜20代の若い世代。
タバコやお酒も覚えてくるようになりますしね。
なのでまずはサプリで体の中を健康にして髪の生えやすい体質づくりをしておくことがとても大切なのです。

 

人気サプリ3選

では、若ハゲ対策におすすめのサプリはどんなものがあるのでしょうか。
人気サプリを3つご紹介いたします。

 

ボストン

Boston

育毛サプリといえばこれ!というくらいメジャーなサプリです。
ノコギリヤシ、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンE、イソフラボンがすべて配合されており、口コミなどでもその効果は折り紙付き。国内工場で生産されているので安心・安全にお飲みいただけます。
公式サイトで購入すると定期購入額が1本6480円とお得。
さらに3本セットの購入なら3本14480円とさらにお得+育毛シャンプーがセットでついてきます。
プライバシーにも考慮してあり、注文の中身もわからないようにお届けしてくれますし、ボトルにも何に効くサプリかは一切明記されていないので外出先でも安心して飲むことができますよ。
数ある育毛サプリの中でも毛髪に効く4大成分の必要な量が1つの商品にすべて配合されているのはこのボストンだけ。
育毛サプリをどれにしようか迷っているならまずはこちらから試してみるのがおすすめです。

 

ぐんぐん

ぐんぐん

長年販売され続けている実績ある育毛サプリです。
髪の毛に効くとされている成分であるノコギリヤシ・ビタミンC・ビタミンB群、イソフラボンが配合されています。
そのほかにもエイジングケアに効くαリポ酸、イソフラボンと相性のいいカプサイシン、元気の源高麗ニンジン、毛髪成養殖昆布仮根エキスなど独自の髪に効く成分をふんだんに盛り込んでいるサプリです。
また、公式サイトで定期便での申込なら1本が3980円と金銭的な負担も楽々。若い人のお財布事情にもマッチしたありがたい商品。
1日当たり128円で満足のいく育毛対策を実現してくれます。
男性だけでなく女性にも支持されていて、もちろんプライバシー配慮もきちんとなされているので安心して注文することができますよ。
配合成分はすべて天然成分、医薬品レベルの高い基準で製造されていながらサプリなので副作用の心配はなし。
髪にもお財布にもカラダにも優しいのがぐんぐんのポイントなのです

 

ブブカサプリメント

ブブカ

ノコギリヤシ・マルチビタミン・イソフラボン・亜鉛がまんべんなく配合されていて、しかも1か月分の商品代が2498円とかなりお得。
成分も増量されて吸収効率もアップされているのでサプリで育毛効果を発揮したい方にお勧め。
3袋や6袋でまとめて購入するとさらにお得なのがうれしいですね。
また、ブブカサプリメントはセットでブブカの育毛剤を使用するとさらに効果アップ。というより、どちらかといえばブブカの育毛剤の効果を効率よく出すためのサプリメントといったほうがいいので、このサプリを使ってみる場合は育毛剤とセットで使用することをお勧めします。

 

若はげ対策【高校生から編】

高校生の僕は、まだまだ若いからハゲとは無縁の世界、なんて思っていませんか?
実は、薄毛の恐怖はホルモンバランスの変わる10代後半からじわじわとあなたのもとに忍び寄ってくるのです。
「あれ?髪の毛が薄くなってきた?」ときがついたときにはもう手遅れだったりする場合もありますよ。

 

ということで若いからまだ早いなんてことは絶対にない!高校生のころからしておくべき薄毛対策についてまとめてみました。

 

高校生での若ハゲの原因

では、なぜ10代のうちから人によってはハゲが進行してくるのでしょうか。
大きな原因としては次のことがあげられます。

 

1.ホルモンバランスの変化

 

男性は10代後半からホルモンバランス変化します。
その中にはハゲの元となるテストステロンという男性ホルモンがあり、これが頭皮の成分と結合して薄毛を引き起こすホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、薄毛を引き起こします。
このテストステロンの多い少ないは遺伝によるという話ですが、このホルモンの多い人がはげやすくなります。

 

2.不規則な生活

10代のハゲはどちらかというとホルモンバランスよりこちらのほうに原因のある人が多いかも。
高校生になるとファストフードを好んで食べるようになったり、朝食を抜いたりと栄養バランスが偏ってきがちになります。

 

また、勉強やゲームのし過ぎで睡眠不足に陥りがち。
このような不規則な生活を繰り返すと髪の毛の成長を止めてしまい、やがてははげてくるのです。

 

3.間違ったシャンプー

頭皮をゴシゴシきつめにシャンプーする、きちんと泡が流されていない、母親と一緒のキューティクルを守るような女性用シャンプーを使っている、といった間違ったシャンプーは毛穴を弱らせたり詰まらせたりするので薄毛の原因になります。

 

こんな高校生は注意!

高校生の頃から薄毛に注意しておきたい人は以下のような人です。

 

体毛の濃い人

体毛

体毛の濃い人はテストステロンという男性ホルモンの多い人。
このテストステロンがAGAの間接的な要因になりますが、体毛が濃い=薄毛になるというのは個人差もあるようです。

 

脂性の人

てかる

カラダから出たアブラが毛穴を詰まらせて毛を薄くしたり生えてこなくさせたりします。
また、脂っこいものばかりを好んで食べる人はそれまで脂性ではなかったのに急にテカテカお肌になる可能性があるので要注意。
また、頭髪のニオイが気になる人は毛穴のアブラが酸化してにおっている可能性があるので注意が必要です。

 

親せきにハゲが多い人

ハゲ

現在AGAになる要因の一つに遺伝というものが考えられています。
親せきに薄毛の人が多い人は早い段階から薄毛対策を行っておく必要があるでしょう。

 

生活習慣の不規則な人

寝不足

普段から勉強やゲームのし過ぎで寝不足が続いている、またバランスの良い食生活を送っていない人は頭髪を十分に育てる栄養や休眠が取れていないので、薄毛になりやすくなります。

 

今からすべき対策

薄毛というのは自分で気になりだしてからではすでに手遅れの場合も。
高校生などの若いころから早めの対策を取っておくことが大切です。
具体的にするべきことは以下の通り。

 

1、正しいシャンプーを心がける

シャンプーの際、髪の毛自体を洗うのはNG。
シャンプーで洗うべきは頭皮なのです。毛穴を傷つけないように頭皮をしっかりもみこむようにしてシャンプーをするようにしましょう。
また、すすぎが足りないのも泡が毛穴に詰まってしまうのでNG。
さらに、おこずかいに余裕のある人は家族と同じシャンプーでなく毛穴汚れを落とすタイプのシャンプーに切り替えるようにするとなおいいでしょう。

 

2、規則正しい生活を心がける

まず、育毛の大敵なのが睡眠不足。
ヒトは22時〜翌2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に細胞分裂が一番活発に行われます。
その時間に睡眠をとっていないと、髪の毛がしっかり育たずに薄い細い毛を作ってしまいます。
また、食生活を見直すことも大切。
育ち盛りの高校生、ついおなかが減っているからとファストフードやお菓子ばかり食べていると、酸化したアブラが体内に蓄積されてそれが毛穴を詰まらせる原因に。
また、肉のアブラの摂りすぎにも注意が必要です。

 

3、ヘアスタイルに凝りすぎない

過度な脱色やパーマ、また整髪料の使い過ぎで毛穴を詰まらせたり傷つけたり、髪の毛自体を弱らせるようなことは薄毛対策としては避けたほうがいいでしょう。
適度な身だしなみは必要ですが、奇抜な髪形を繰り返すことは薄毛を進行させてしまいますよ。