意外と多い女性のAGA治療【女性の薄毛の症状・原因・改善方法】

女性のAGAクリニックランキングはこちら

意外と多い女性のAGA治療【女性の薄毛の症状・原因・改善方法】

 

女性の薄毛・FAGA

これまで、女性の薄毛、抜け毛は中年期以降に起こることが多いものでした。

 

しかし、最近の調査によると、20代から40代の女性のAGA女性男性型脱毛症が目立つようになっています。

 

日本においての2007年の統計では、約3800人だったのが、2012年時点では3.8倍、1万5000人弱ほどにまで増えているということです。


アメリカでは、女性の約2割が女性男性型脱毛症になるといわれており、またこの症状が20代から30代にかけて増えているといいます。
いままでの疾患状況から考えて、このアメリカと同じ傾向が近いうちに日本にも反映してくることが予想されます。
ここでは、女性の薄毛について詳しくご説明していきます。

 

昨今の女性のAGAの症状の傾向

 

女性のAGAの場合は、女性男性型脱毛症という症状、「FAGA」という病名で呼ばれます。

 

男性と同様に、額の生え際、だいたい頭頂部や髪全体が薄くなってきたり、細くなってコシがなくなる症状に見舞われますが、男性のように髪がすべてなくなるということは滅多にありません。
中年期以降の女性に多い症状ではありますが、男性のように血中のジヒドロテストテロン量の上昇はあまりみられません。

 

また、女性ホルモンは、皮脂分泌を抑制するので、男性のAGA程極端に髪が抜けることもありません。

 

女性のAGAの原因

 

女性のAGAは、加齢により女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの分泌が優位になることも原因の一つです。
しかし、他の原因もしくは複合原因であることも多くあります。

 

また、FAGAではなく、例えばびまん性脱毛症分娩後脱毛症の可能性もあります。
そのため、しっかりと検査・カウンセリングをしてみないと特定できないところがあります。

 

他に原因としてあげられるのは、

  • 貧血
  • 冷え症
  • 栄養不足
  • ストレス
  • 老化
  • 経口避妊薬の服用
  • 頭皮の間違ったお手入れ

等があります。

 

女性のAGAの治療方法

 

女性の場合は、AGA治療において、プロペシアなどの抗アンドロゲン薬の使用ができませんので、ミノキシジルなどを使って血行促進により発毛を促す治療がすすめられます。
男性のAGAと同じように、ホルモン由来の原因によるFAGA治療には、以下のような方法が効果的です。

  • ミノキシジルの服用・塗布
  • 弱酸性のアミノ酸系シャンプーでの洗髪
  • バランスのとれた食事
  • 生活習慣の見直し

その他、無理なダイエットの中止、サプリメント利用なども治療の助けになります。
どこをどう改善すべきかどうかは医師や専門家に相談しながら治療していくのが一番の近道でしょう。

 

また女性の場合は、ウィッグやヘアエクステで薄毛をカバーするという方法もあります。
薄毛でボリュームがない場合は、パーマをかけることができます。

 

しかし、白髪を目立たなくするためのヘアカラーや染髪は、薄毛や髪のダメージに繋がることがありますので、自分のお洒落と女性男性脱毛症との兼ね合いを考えてコントロールしていくことが必要です。

 

女性の薄毛は原因がとてもわかりづらい

 

このように、女性の薄毛については特に原因が複雑に合わさっていることが多く、判断は難しいです。
素人判断で治療をすれば、逆に悪化する恐れすらあります。
ぜひ早めに信頼できるクリニックに相談しましょう。

 

女性の薄毛改善方法!

最近女性にも増えつつあるのが薄毛の悩み。ただし、男性とは違い女性の薄毛は正しい対処法さえ打てば改善します。
ということで女性がぜひともしておきたい原因べつ薄毛改善法をまとめてみました。

 

おしゃれや清潔に気を使いすぎると薄毛になる!?

女性がやってしまいがちな日頃の生活が薄毛を招いていることが結構あります。
その原因と対処法をまとめてみました。

 

髪の毛をまとめるとき

ポニーテール

毎日ポニーテールをしているなど同じくくり方をしている、セットをしているなんて人は髪の毛をまとめるときに毛穴が引っ張られてダメージを起こし、そこから薄毛になる可能性があります。
自分に似合ったヘアスタイルがあるとは思いますが、毎日同じまとめ方やセットをするとそこだけ薄毛になってしまうことも。

 

髪の毛のセット方法を変える、せめて休日はドライヤーで乾かしたままのスタイルでいるなど、毛穴の引っ張りを休ませてあげることが大切です。

 

カラーやパーマが髪の毛や地肌を傷める

パーマ

過度なカラーやパーマは髪の毛を傷めてしまいます。
とはいってもカラーやパーマをしたときに、キチンとその後のケアをしているとダメージを修復してくれます。
カラーやパーマが習慣になっている人はきちんと髪の栄養を補うトリートメントなどでケアすると薄毛になりにくい健康な髪の毛をキープできます。

 

シャンプーのし過ぎは逆効果

シャンプー

汗をかくたびにシャンプーを一日何度もするようではかえって髪の潤いまで流してしまって薄毛の原因になってしまうことも。
シャンプー剤を使うのは1日1回にとどめておきましょう。
汗をかいて気持ち悪いときのシャワーは水で洗い流すにとどめておいたほうがいいですね。

 

女性ホルモンが影響する薄毛について

40代後半あたりから女性特有の疾患として出てくる更年期症状
女性ホルモンの低下により起こるのですが、この症状の一つに毛が抜けおちてくるというのがあります。
また、ホルモンバランスの乱れは産後に起こることも。

 

サプリ

これらホルモンバランスによる薄毛に一番効果があるのはサプリの摂取

 

なかでも少なくなってしまったり乱れてしまった女性ホルモンを活発にするにはイソフラボンの入ったサプリがおすすめ。

 

 

また、妊活中に飲むような葉酸サプリが産後のホルモンバランスの乱れや授乳による栄養不足を補ってくれるので、女性ホルモンの影響による抜け毛に困っている人はまずはサプリでしっかり栄養バランスを整えることが薄毛改善への第一歩になってくるでしょう。

 

また、サプリに頼るだけでなく、日頃の食生活もタンパク質やイソブラボンや亜鉛をしっかりとれるような食生活に切り替えたほうがいいですね。

 

ストレスを溜めない生活を心掛ける

女性の薄毛で一番多いのがストレスによるもの。
昨今の女性の社会進出によって仕事や人間関係でストレスをためてしまいがち。
ストレスを溜めすぎると円形脱毛症になるのは有名な話ですが、それだけでなく過食や拒食、不眠など、他の薄毛の要因を引き起こしてしまう事もあります。

 

また、ストレスが原因でホルモンバランスが乱れたり、自律神経の不調をきたしたりすることも。
女性が薄毛にならないためには、ストレスをためないことが一番なのです。

 

・・・といっても、ストレスをためない生活なんて、現代の日本人ではなかなか難しいことですよね。
でも、一度受けたストレスをためっぱなしにしない工夫はできるはずです。

 

例えば、
・適度な運動をこころがける
・アロマオイルなどを活用して心を落ち着かせる環境を作る

 

…などなんでもいいので趣味に没頭する時間を作るなどなど。
少しでも食生活や睡眠時間に気を使って規則正しい生活を心掛けるのも重要ですね。
薄毛の対策には健康なカラダだけでなく健康なココロも重要なのです。

 

甘いものの摂りすぎに注意!

パンケーキ

女性はどうしても甘いものに目がないのですが、糖分の摂りすぎはカラダの糖化を招くため、これが薄毛の原因になることもあります。

 

また、糖尿病のリスクも高くなるので、ストレス解消に甘いものは必要不可欠ですが、くれぐれも摂りすぎはダイエットの観点からも要注意です。

おすすめの女性の薄毛治療病院・クリニック!

ランキング第一位東京ビューティクリニック

東京ビューティクリニック

キャンペーン情報
11/30まで「福岡院開院1周年キャンペーン」実施中!

 

>>東京ビューティークリニックの店舗・料金・口コミはこちら!

患者様満足度99.4%東京ビューティクリニックでは、女性用オリジナル発毛薬『Rebirth Lady(リバースレディ)』を始め、効果が実感できる治療はもちろんのこと、女性目線にたって通いやすさを追求しています。
女性ドクターとスタッフがあなたの悩みに親身に対応してくれますよ。駅チカ1分の立地に加え、無料カウンセリングは21時まで受付です。

 

しかも今月11月30日まで、予約時に「このキャンペーンを見た」と伝えると、とってもお得に治療が受けられる『福岡院開院1周年キャンペーン』を実施中です!

  1. 新規ご来院の方全員に1万円割引きチケットプレゼント!
  2. 当日ご成約で血液検査2万円が無料!

また、学生割10%OFF平日割10%OFFは全ての院で実施中なので、FAGAにお悩みの方は必見です!
ネット予約の際は、備考欄に「キャンペーンを見た」と必ず記載して下さいね!

詳細はこちらから

価格など 7,000円/月〜
ポイント キャンペーン開催中!
所在地 東京(銀座/渋谷院)、大阪(梅田)、福岡(福岡)

 

 

★他にも女性の薄毛治療で口コミで評判の病院やクリニックを多数掲載しています!

女性のAGAクリニックランキングはこちら