最新のAGA治療!効果的と話題の「自毛植毛」とは?

最新のAGA治療!効果的と話題の「自毛植毛」とは?

薄毛治療の方法は医薬品の処方や育毛剤など…色々な方法がありますが、自毛植毛というう方法があるのはご存知でしょうか?
歴史が浅いのでまだ知らない人も多いのですが、AGA治療において効果がある治療法であるといわれています。

 

植毛なら断然自毛植毛

植毛というと2種類あり、自毛植毛と人工毛植毛とに分けられます。
基本的に植毛方法は同じなのですが、何を使って植毛するかという点が違います。
自毛植毛は当然自分の毛をとって植毛する方法です。人工毛で植毛をするという方法もありますが、実はアレルギーや拒絶反応を起こす可能性があります。
そうならないために、自分の毛を植毛するほうが安心です。

 

 

自毛植毛なら育毛も可能

人工毛植毛の目的は、素早く髪の毛を蘇らせ、見た目をよくするのがメインとなります。しかし、植毛をしてから育毛をすることなどはできません。
あくまで見た目を整えるものと考えてください。では自毛植毛はどうなのかというと、植毛後の育毛をして自分の髪の毛を育てることができます。
そのため、やはりAGA治療に向いているのは、自毛植毛となります。

 

 

メリットとデメリット

地毛植毛のメリットは次のようなものがあります。

 

1.自身の髪として生え続ける

地毛植毛のメリットには、まず自身の髪として生え続けることがあります。
もちろん、一定の時間が経てば植毛した髪であっても抜けてしまいますが、他の髪と同様、新たに生えてくるため、結果的に「生え続けること」につながります。

 

2.メンテナンス

地毛植毛のメリットには、メンテナンスの点もあります。
他のAGA治療や薄毛治療の場合、追加のメンテナンスといった名目で、延々と費用がかかることも少なくありません。
地毛植毛の場合、一旦移植してしまえばその後のメンテナンスは特に必要ありません。

 

3.自然な仕上がり

地毛植毛のメリットには、自然な仕上がりもあります。
もともとの自身の髪を移植するため、他の髪との色の違いや髪質の違いがないことから、とても自然な仕上がりが期待できます。
シャンプーやカットなども普通にできるので、その点もメリットかもしれません。

 

では逆にデメリットはどこにあるのかというと、費用が高いという点です。
植毛は高度な技術を使用するため、治療費がかさみます。ま
た、元々自分の髪の毛が少ない場合は、植毛ができる本数が限られてしまいます。
その結果、自分の望んだ量にならないかもしれませんね。

 

これらメリットやデメリットも踏まえた上で、AGA治療のひとつとして効果的な自毛植毛について、考えてみてください。
植毛というとその場しのぎの方法というイメージがあるかもしれませんが、自毛植毛ならば、これから成長させていける頭髪を手に入れる方法として好まれています。

なぜ地毛植毛は高額なの?

地毛植毛が高額になる理由には次のようなものがあります。

 

1.健康保険が使用できない

自毛植毛は保険診療が適用されない自由診療扱いとなることから、全額の10割負担となります。
健康保険が使えるようなら3割負担となるため、仮に100万円かかったとしても、30万円を支払えば良いのですが、自由診療では10割の100万円を支払う必要があります。

 

2.そもそも健康保険の対象ではない

薄毛は残念ながら病気として認定されているわけではないことから、健康保険の対象にならないため、必然的に費用も高額にならざるを得ないようです。

 

3.もともとの価格設定が高い

自毛植毛について必要な知識や技術を持っている医師や看護師が少ないことが、価格設定の高額化につながるのかもしれません。

 

地毛植毛に失敗したらどうなる?

地毛植毛のメリット・デメリットはお分かりいただけましたか?
高額だからこそ効果があるんですね。効果があるからこそ高額・・・。
では、もし万が一地毛植毛に失敗してしまった場合、どのような後遺症があるのでしょうか?
見ていきましょう。

 

傷跡が残る

地毛植毛には頭皮を切るやり方があります。
その場合、人によっては傷跡が残ってしまうことも考えられます。
頭皮を切らない方法もありますが、こちらもケロイド状になるケースもあると言われています。

 

生え際が不自然

地毛植毛のメリットには自然な仕上がりというものがありますが、生え際に関しては不自然になる場合もあるようです。
自毛植毛ではどうしても直線的な仕上がりとなることが多く、生え際のような産毛が交じる箇所では髪質の違いが現れやすいようです。

 

発毛率

自毛植毛は、違う箇所の髪を移植するため、発毛率が低くなるリスクもあります。
移植する髪の採取の際に誤って毛根に傷をつけたり、薄毛の箇所に移植する際に意図的に高密度にしてしまった場合、その後の発毛率に影響することもあるようです。

 

違和感

自毛植毛の後には、人によっては違和感を感じるケースもあるようです。
例えば頭皮が腫れてしまったり、化膿を起こしてしまったり、傷口の痛みといった症状が現れるようです。
他にも、どこからか引っ張られるような感じが消えないということも違和感のひとつとなるようです。
術後の違和感があるようなら、必ず担当の医師に相談をしてください。

 

一時的な抜け毛

自毛植毛の後には、移植した箇所とその周辺の麻酔を施した箇所で、ショックロスと呼ばれる一時的な抜け毛が起こることもあるようです。

 

一定期間が経過すれば新たな髪が生えてくるため、問題がないことも多いのですが、中にはAGAによるものも考えられるため、不安が続く場合にはAGA関連の治療施設に相談するのもひとつの方法です。