AGA病院・クリニック情報のAGAプラス

AGA治療の歴史と信頼できるクリニックについて

最近CMでもよく耳にするようになった「AGA」ですが、一般的には髪の毛で悩んでいる方以外では、なにそれ??となってしまうと思います。

 

しかしAGAは現在世界中の人たちが悩む病であり、決して他人ごとではないのです。

 

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称であり、直訳すると「男性型脱毛症」という言葉になります。

 

これを見て男性だけの病と誤解されがちですが、近年では女性のAGA通称「FAGA」がとても多く、男性だけの病ではないのです。

 

AGA治療の歴史

 

一昔前では、決定的な原因が解明されていなかったため、効果的な薬剤もなく効果があるか分からない商品が出回っていました。

 

しかし、現代医療の進歩によりAGAの原因や治療法、効果が確認されている医薬品が開発され、満足がいくまでの育毛が可能になりました。

 

それでは、具体的にどんな製薬会社が医薬品を扱っているのでしょうか?

 

AGA関連の国内で最も有名な製薬会社は「MSD」という製薬会社です。
おそらく耳したことがある方もいると思います。

 

最近、TVCMで爆笑問題がAGAのCMに出ているのを見たことがあると思いますが、そのCM主がMSDという製薬会社なのです。

 

あのCMの効果で、瞬く間にAGAというワードが世間に広まりましたね。
現在、各地にAGAクリニック等が普及していますが、あのCMの相乗効果による影響もあるのではないでしょうか。

 

AGA治療は、近年注目され始めた治療法であり歴史が浅いため、まだまだグレーゾーンな箇所もあるようです。
しかし、それは国内の話であって海外では日本より昔からAGA治療が行われていました。

 

最近では、そういった確かな技術をしっかり持ち、100%患者さんの立場で治療を行うクリニックもあるのでとても安心できますね。

 

信頼できるAGA治療クリニック

 

昨今では、沢山のAGA治療院・クリニックが存在しています。
患者さんも、しっかりとした信頼できるクリニックを選ぶ必要があるのです。

 

今、AGA治療で最も人気があり、確かな技術があるクリニックは「銀座総合美容クリニック」(以後、銀クリ)ですね。
なぜ銀クリが他のクリニックを、こんなにも圧倒しているのかというとしっかり理由があります。

 

多くのクリニックは、AGAでない方(気にし過ぎで薄いと思い込んでいる)が来店した際に、AGAでないと分かっていても、治療薬を購入させたり、または契約をしたりと患者さんを、お金の単位で見ているところが実際問題多いのです。

 

しかし、「銀クリ」ではそういった患者さんに対してはしっかりと今の状態を教えます。
患者さんが、それでも気になってしまうのであれば、シャンプーを変えたり生活改善などのアドバイスをして、納得がいくまで話し合います。

 

決して、飲む必要がない医薬品やコースの契約をオススメすることがないのです。

 

本当に患者さんの事を第一に考えている証拠ですよね。

 

銀クリは銀座にしか店舗がありませんが、圧倒的な患者さんの満足度により、全国に店舗があるクリニックを差し置いて人気がある理由が分かります。

 

銀クリは一人一人に合わせた無理ないプランを提案してくれる

銀クリのホームページも見て頂くと分かりますが、治療に掛かる料金が鮮明に記載されています。
AGA治療でよく聞く話ですが、来店するまで料金が分からず、行ってみたらとんでもない料金だった・・・
といった心配もなく、他クリニックに比べ料金もかなり抑えられています。

 

グレーゾーンなところ多いからこそ、しっかり患者さんに情報を明示することにより、銀クリはそんなグレーゾーンな業界を抜け出すために、とても努力をしているのです。

 

人気のヒミツにはしっかりと理由があることが分かりましたね?

 

患者さんたちの声を聞くと、銀クリは「もう飲みにでも行くような感覚!」とおっしゃっている方がいました。

 

本当ならばクリニックに行く事は少々面倒なことかと思いますが、飲みに行く感覚って笑

 

それほど患者さんとの信頼関係が築かれている証拠ですね。

 

他に、こんなに患者さんのことを本気で熱く考えているクリニックがありますか?
銀クリは、日本が誇る患者さんが選んだAGA治療界のパイオニアなのです!

 

銀座総合美容クリニック無料相談のご予約はこちら↓

AGA基礎知識

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略称のことをさし、日本語に訳すと「男性型脱毛症」の意味です。
ここ数年でよく耳にする言葉となってきました。

 

一言にAGAといいますが、一般的には成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のこと、いわゆる「ハゲてきた」状態のこと全般なのです。
AGAが現れてくるのは早い人であれば思春期以降。
男性ホルモンが増えだすこのころに額の生え際や頭頂部のどちらか一方、または両方から毛髪が薄くなっていきます。

 

原因としてはまだはっきりとはわかっていませんが、一般的には遺伝・もしくは男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられていて、他には食生活やストレス、運動不足なども関係していると言われています。

 

AGAの種類としては、大きく分けるといわゆる「若ハゲ」と言われる若年性脱毛症と、年齢につれてだんだん薄くなってくる壮年性脱毛症の2種類あります。
どちらもDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの働きによって髪の成長期、退行期、休止期といったヘアサイクルが乱れることで髪が薄くなってしまいます。

 

日本でAGAの症状がみられる人は全国でおよそ1260万人
成人男性のおよそ3人に1人がいわゆる「ハゲ」について悩んでいることになります。
そのうち薄毛対策を行ったことのある人は、半数の650万人ほど。
一昔前の薄毛対策にはほぼ効果がないとされていたため、特に中年以降の人は諦めてしまった人が多いのが現実のようです・・・。

 

AGAの進行について

先にも述べましたが、AGAの進行パターンには

 

頭頂部からつむじが大きくなっているような「ザビエルタイプ
おでこが広がってきたように見える「M字ハゲタイプ
そして全体的に薄くなっている「混合型タイプ

 

とありますが、その広がり方は個人差があります。
個人差があるとは言ったものの、すべてのタイプにおいて一つだけ共通しているのが「放っておくと必ず症状は改善することなく悪化していく」ということ。

 

個人差はありますが、月日をかけて少しずつですが確実にハゲは進行していくのです。
そんなこともあって、少し前までは一度髪の毛が薄くなると改善されるのはほぼ不可能と思われていました。
「ハゲ」は治らないというのが定説でしたよね。

 

ですが近年ではきちんと治療法があることが分かってきています。
ハゲはきちんと対策をうてば治る状態である風に変わってきたのです。

 

AGAの特徴

AGAの特徴の一つとしては、一度薄毛になった人はゆっくりであるが確実に進行していくというもの。
薄毛が気になりだした箇所は、5年後には髪の毛の本数が1/6になってしまうというデータもあります。
これはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが、毛乳頭にある男性ホルモンと結びつくことによって毛髪の成長サイクルを短くさせてしまうため。

 

事実AGAに悩む人の頭髪にはこのDHTが通常のひとよりたくさん確認されています。
言い換えると毛はしっかり育っていないのにホルモンが勝手に毛の寿命を縮めてしまって細い毛の状態で抜けるように仕組まれてしまっているのです。
そのためAGAの特徴として、毛は薄くなっているけど産毛みたいなのが残っていることがよくあります。

 

AGAかどうかというチェックはAGA治療を行っている専門の治療院に行くと血液などのDNA検査で判明することができます。
アンドロゲンレセプター(AR)のDNAの塩基配列を調べるとわかるそうなのですが、詳しいことは専門家にお任せするとして、とにかくお医者さんで調べてもらえばすぐにわかる、ということだけ知っていれば問題ないですよ。

 

また、このAGAというのは男性だけに発症するというのも大きな特徴。「え?女性にも薄毛で悩んでいる人は多いのでは?」とお思いの方もいるでしょうが、それはAGAとは全く別のことが原因となっています。