AGA治療薬の使用方法と注意事項

AGA治療薬の適正・副作用・注意点

実は、薄毛の原因は、AGAだけでなくいくつかの種類があり、誰でもAGA治療薬をに頼るべきではありません。
さらに、遺伝だけでなく複合的原因によるものや、AGA薬剤の適性についても、一人ひとり違うため、適正を見ながら考えていかなければなりません。
その他、そもそもAGAの治療薬を使用できない方もいます。

 

ここではそういった、AGA治療薬を服用できない人についてや注意点、副作用について見ていきましょう。

 

フィナステリドの注意点

フィナステリドの場合は、1日1mgの服用を守り、過剰摂取に気をつけないといけません。

 

服用できないのはこんな方

基本的に、女性の場合のFAGAに対しては、フィナステリドの使用が認められておりません。
また以前この薬を服用して過敏症や既往歴、アレルギー症状が出た場合は、服用はできません。

 

その他、以下のような方は服用できません。

  • 未成年の方
  • 妊娠中の女性
  • 授乳中の女性

 

ミノキシジルの注意点

 

外用薬の場合

ミノキシジルは、外用薬であれば頭皮のかゆみやアレルギーを引き起こす場合があります。
特に、高濃度のミノキシジルの場合は、低血圧を引き起こすことがあります。

 

ミノキシジルは女性でも利用できますが、授乳期には使用を控えたほうがいいでしょう。

 

内服薬の場合

内服薬のミノキシジルは日本では認可されていないので、その副作用については未知数です。
もともと血管拡張剤なので、それに関連する薬剤をすでに服用している場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。

 

その他のAGA治療薬

 

その他、日本で認可されていないAGA関連薬剤やジェネリック医薬品、サプリメントが無数にあります。
いま自分が服用している内服薬と照らし合わせて、副作用や効果を弱めてしまう成分がないかどうか良く確認しましょう。

 

用法、用量確認や、処方箋との兼ね合いもあわせて、不安を感じるときは、医師に相談したほうがいいでしょう。
購入時、使用時の既往症確認は最も大事です。

 

AGA治療薬の使用時には専門家に確認しよう

また、一度AGA治療を始めると、効果を実感するまでには、最低6ヶ月の期間が必要になるといいます。
その為に十分な資金と、そして健康状態、生活習慣を保てるように余裕をもって取り組むことが必要となってきます。

 

AGA治療は専門家に相談してから使用を始めたほうが確実です。
個人的にAGA遺伝子検査や輸入薬剤、増毛剤、シャンプーなどで治療していくときも、万が一のことを考えておきましょう。

 

自分の体質を良く知り、生活習慣全体からAGA治療を進めていくため、薬剤を確実に確保して、生活の中にAGA治療を自然に取り込んでいきましょう。

 

家族が治療に協力してくれたら尚更気が楽です。また、AGAで悩んでいる人たちでお互い相談して新しい薬剤などの情報交換をするのもいいですね。