AGAに効果がある治療薬

AGAに効果がある治療薬

アメリカ食品医薬品局、FDAによれば、AGAにしっかりと効果がある治療薬として、プロペシアとミノキシジルを挙げています。

 

内服薬、外用薬として服用、使用も楽で便利です。
いま、日本でフィナステリド系内服薬として摂取できるのはプロペシアだけです。

 

プロペシアについて

プロペシアは抗アンドロゲン薬で、5α-還元酵素を減らし、AGAの原因になるジヒドロテストテロンへの変換を防ぎます。
抜け毛、薄毛の症状の進行を防ぎます。もともとは、男性の前立腺肥大の治療薬として開発され、その後、AGAにも効果があることが確かめられました。

 

海外でも60カ国以上で承認されています。
ただし、このプロペシアは、発毛に作用する薬ではありません。

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルでは、血管拡張の為の薬として開発された経緯があり、その後、発毛にも応用できるとして転用されている経緯があります。

 

日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で出回っています。
もともとミノキシジルは内服薬でもありましたが、副作用が報告されたので、最近は外用薬として用いるのが一般的になっています。

 

ミノキシジルの効果を狙って、高濃度な成分が入っている内服薬やジェネリック医薬品も輸入して手に入れることができますが、副作用の懸念があるので気をつけましょう。

 

どちらの薬も半年以上の服用・カウンセリングが必要
また、これらの治療薬の効果を得るには、最低でも6ヶ月以上の連続投与が必要といわれており、髪の新陳代謝とともに、徐々に効果がでてくるということを知らなければなりません。

 

AGAを進行させる他の複合要因も考えられることから、まずは医療機関の診察を受けて適切や処方薬の選択と、同時に改善すべき生活習慣や、シャンプー、育毛剤についてもカウンセリングが必要でしょう。

 

その他のAGA治療薬について

 

フィナステリド系の薬品としては、プロペシアの他に

  • プロスカー
  • フィンカー
  • フィンペシア
  • フィナックス
  • プロステリド

などの商品名で、またミノキシジルでは内服薬のロニテンがあります。

 

日本ではAGA治療薬の選択肢が少ない上、それぞれの有効成分の配合が控えられている部分もあります。
それぞれの症状にあわせて、自己責任で薬剤を選ぶのはいいのですが、リスク部分もしっかり認識しておくことが大事です。

 

海外では効果が出ている人続出でも、日本で有効な臨床結果がでていない場合は、体質や環境要因によって思わぬ結果をもたらすことがあります。

 

もともとはAGA治療用に開発されたものではなく、他の治療薬として開発された経緯があるこれらの薬剤は、その本来の効能は無視できないものであることを知りましょう。

薄毛に効果がある対策を紹介!

薄毛対策@シャンプー【男性編】

薄毛対策といえば真っ先に思いつくのがシャンプー。
テレビCMなどでも薄毛対策のシャンプーをよく見かけるようになりましたよね。

 

でも、効果があったという人、逆に効果がないどころか進行してしまった!という人、結果は人それぞれ。
この原因はどうやらシャンプー対策の間違った認識があるようです。
というわけで、失敗したくないシャンプー対策・男性編をまとめてみました。

 

育毛シャンプー=すべての人に髪の毛が生えるわけではない!?

まず、薄毛を食い止めたいからと安易に育毛シャンプーに飛びつく前にちょっと調べておきたいことがあります。
それは「自分がハゲている原因はどこにあるのか?」ということです。
一口に薄毛対策シャンプーといっても、はげの原因がそのシャンプー剤にあっていなければ、当然効果は出ないどころか逆にハゲを進行させてしまいます。
以下にハゲの原因と選びたいシャンプーの傾向をまとめてみましたので、ご参照ください。

 

男性ホルモンによるもの(AGAタイプ)

最近テレビでよく聞くようになったAGAという言葉。
日本語では男性型脱毛症という至極ストレートなお名前で呼ばれています。
これはDHTという別名ハゲホルモンといわれるものが頭皮にたくさん引っ付いているせいで起こります。
このDHTの多さは主に遺伝によるものなのですが、傾向として
◯身内にハゲの人が多い
◯体毛が濃い

 

上記の人はこのAGAを疑ってみたほうが良いと思います。
こういった人たちが選ぶシャンプーは育毛成分の入ったAGA対策を謳っているシャンプーを選ぶのがいいでしょう。

 

脂性によるもの(脂性タイプ)

いつも髪の毛がべチャッとしている、顔がアブラでてっかてかになりやすいという人は脂が多すぎて毛穴が詰まっているため薄毛になってしまっている可能性があります。
他にも汗をかきやすい体質、耳垢が湿っている、汗のにおいが気になる、太っている、脂っこいものが好き、食生活が不規則、なんて人は毛穴のつまりによる薄毛を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

ということは、シャンプー選びのコツとしては、
毛穴の汚れを十分に溶かしてくれるようなものを選ぶといいでしょう。

 

こういったタイプの人は、奥さんやお母さんなどが使っているシャンプーを一緒に使うのは避けたほうが良いでしょう。
というのは、女性向けのシャンプーには髪の毛や地肌の保湿成分が入っている物が多く、それがまた毛穴のつまりを引き起こす可能性もあります。
「頭皮のアブラを洗い流す」なんて謳っているシャンプーを使うようにしましょう。

 

肌トラブルによる薄毛(肌が弱いタイプ)

乾燥肌やアトピー、脂漏性皮膚炎など頭皮が何らかのトラブルを起こしているせいで薄毛になっている人もいます。
こういった人がアブラ汚れに強いタイプのシャンプーを使うと、肌のバリアー機能に必要な潤いも落としてしまうため、肌トラブルが進んで余計に薄毛が進行してしまうなんてこともあります。

 

このタイプの人の特徴はフケが多い、体が乾燥してかゆい、寝不足がちである、アレルギー症状を持っている、というものがあります。
肌トラブルによる薄毛タイプの人は地肌のコンディションを整えてあげる必要があるため、肌に優しい弱酸性のものか、保湿タイプのもの、薬用のものなどを選んでまず頭皮を健康に戻してあげることから始めましょう。

 

良いシャンプーを使ったって使い方が悪けりゃ意味がない!

薄毛の原因によってシャンプーを変えなければならないというのがわかったところで、自分にあうシャンプーを購入してもシャンプー方法が悪ければ何の意味もありません。
薄毛の人が気を付けたいシャンプーのポイントは以下の通りです。

 

◯シャンプー剤はよく泡立ててから使う

 

◯髪をゴシゴシすり合わせるのではなく、頭皮を指の腹でもみこむようにしっかり洗う

 

◯すすぎはしっかり。泡が完全に排水溝から流れてなくなるまでしっかり洗う

 

◯シャンプー後は自然乾燥せずドライヤーをあてて頭皮をしっかり乾かす

 

せっかく購入したシャンプーの良さを最大限に生かすためにも、シャンプーの仕方にもこだわりを持ちましょう。

 

オススメ対策シャンプーはこれ!

AGAタイプ=スカルプD

スカルプd

薄毛の敵であるハゲホルモンの働きをしっかりブロックしつつ、髪に必要な栄養分をしっかりと浸透させてくれる、まさに薄毛で悩む人たちのためのシャンプーです。

 

脂性タイプ=ウーマンプレミアムシャンプー

ウーマンプレミアムシャンプー

毛穴に詰まったアブラや汚れはしっかり落としつつ、髪に必要な潤いは馬油で補ってくれる、地肌はさっぱり、髪はツヤツヤになるシャンプーです。

 

肌が弱いタイプ=あんだんてシャンプー

あんだんてシャンプー

超低刺激で抗炎症成分も入ったシャンプー。
保湿成分も入っているので地肌のトラブルを和らげて健康にしてくれます。

 

薄毛対策に効果的な食べ物とは?

ここでは食べ物を見直すことでハゲの改善につながるかも?ということで、薄毛対策に効果的な食べ物をまとめてみました。

 

薄毛対策に食べておきたい食べ物とは?

 

納豆

納豆

髪の毛の成分はずばり「タンパク質」です。
タンパク質には植物性と動物性がありますが、動物性たんぱく質を摂るとなると、どうしてもそこに脂質がセットでくっついてきてしまうので、この脂質の過度な摂取が毛穴を詰まらせたりなんてこともあります。
というわけで、植物性たんぱく質の宝庫、大豆が髪の毛にはまず必要となってくるわけです。

 

加えて大豆にはハゲの原因となるテストステロンという男性ホルモンを抑制するイソフラボンが豊富。
ではなぜ豆腐よりも味噌汁よりも納豆を勧めたいかというと、納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」という成分が血液をサラサラにして頭皮に栄養や酸素を運びやすくしてくれるから。
タンパク質、イソフラボン、ナットウキナーゼの入った納豆が薄毛対策にはもってこいの食材なのです。

 

牡蠣

牡蠣

牡蠣にはタンパク質を体の組織に生成してくれる亜鉛がたくさん含まれています。

この亜鉛、食事ではなかなかとりにくい要素なのに加えて、男性の日頃の生活について回る飲酒、ストレスなどで消費されてしまうので不足しがちなのです。
オススメの食べ方はずばり生牡蠣
一説には、亜鉛は熱を加えると吸収されにくくなるという話もあるので、気になる方は生で食べたほうがいいでしょう。

 

レバー

レバー

髪にはタンパク質と亜鉛が必要だと書きましたが、この二つがバランスよく含まれているのがレバーです。

加えてレバーはビタミンB群も豊富。
カラダの新陳代謝を高めたり、皮膚の分泌を抑えてくれたりするので脂性が原因ではげている方にはとくにオススメです。

 

 

わかめがハゲに効くって本当?嘘?

髪の毛の主成分はタンパク質。
残念ながらわかめに代表する海藻にはたんぱく質がほとんど含まれていないため、わかめだけを食べても薄毛対策にはならないというのが本当のところ。

 

ということは海藻を食べても薄毛対策にはならないのか・・・と思いきや、最近の研究ですごいことがわかったのです。
それは、海藻独特のあのぬるっとした成分、フコダインというのですが、これが発毛に効果があるということに。
ということは、わかめだけ食べても意味はないのかもしれないけど、タンパク質と一緒に摂ることで発毛効果が期待できるという事なのです。

 

海藻といえば、わかめの味噌汁。
昔の人の知恵というのは侮れませんね。

 

薄毛対策を阻害する食べ物はどんなもの?

では逆に、ハゲを進行させてしまう食べ物とはどんなものがあるでしょうか?

 

ファストフード・インスタント食品

はげの敵である栄養素は塩分、糖分、脂分、刺激物。
もちろん、これらの成分も全くとらないというのはよくありませんが、ファストフードやインスタント食品ばかり食べていると塩分や糖分、脂分を摂りすぎてしまいます。
塩分の摂りすぎは、血流を悪化させ、脂分の摂りすぎは毛穴や血管を詰まらせてしまうので薄毛対策という面でみると避けておきたい食べ物です。

 

激辛料理

トウガラシ

カプサイシンなどに代表される刺激物は適度に摂ると血液を活発にさせるのでいいのですが、翌日のトイレに影響するほど激辛料理を食べると大量の汗をかき、皮脂を多く分泌させます。

これが毛穴を詰まらせ発毛を阻害するのです。

 

お菓子とジュース

市販で売られているスナック菓子は塩分、糖分、脂肪分の巣窟。
少しの量ならストレス解消におすすめですが、摂りすぎはハゲを進行させてしまうどころか様々な疾患への近道ともなります。
また、ジュースは砂糖がぎっしり。
3時のおやつにスナック菓子にジュースが習慣になっている人は少しずつ減らしていくようにしましょう。

 

薄毛対策に効果的なサプリメントとは?

昨今、薄毛対策として販売されている様々なサプリメント。
でも、効果があるかどうかもわからないし、どれがいいのかもなんだかわからない。
そんなあなたに薄毛対策としてサプリを取り入れるためのお役立ち情報をまとめました。

 

薄毛にいいサプリの成分は?
1.ノコギリヤシ

北アメリカ地方の原住民の人が日常的に摂っている栄養素。
ハゲにはいくつか原因があるのですが、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすとされている5αリダクターゼという物質を阻害する働きがあるのがこのノコギリヤシなのです。
「インディアンにハゲはいない」と言われていますが、それはこのノコギリヤシのおかげだと言われています。

 

2.イソフラボン

こちらにもAGAの原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされています。
イソフラボンと聞くと、なんだか女性のための栄養素みたいな感じがしますが、薄毛対策のためには男性にも積極的に摂ってもらいたい成分です。

 

3.亜鉛

髪の成分はタンパク質ですが、このたんぱく質を体内組織に変える働きをしてくれるのが亜鉛です。
そして、亜鉛は食べ物ではなかなか取りづらく、しかも飲酒、ストレスなどで消費されやすいのでどうしても男性は不足がちな栄養素。
なので、サプリで積極的に補う必要があるのです。

 

4.マルチビタミン

何度も言いますが、髪の毛の主成分はタンパク質。
ですがたんぱく質だけ摂っていてもなかなか髪の毛には変換してくれません。
そこで必要なのがビタミンたち。
血流をよくして新陳代謝を挙げてくれるビタミンB群、亜鉛の働きを助けるビタミンC、若返りの栄養素であるといわれているビタミンE、髪の毛の発育をよくするビオチンなど、マルチビタミンには髪の毛の生成を陰ながら助けてくれるというスグレモノなのです。

 

サプリを飲んでも髪が生えてこない?その原因は?

過去に育毛サプリなるものを飲んだけれど、全然効果がなかったんですけど・・・という人は薄毛の原因をサプリに入っている有効成分がマッチしていなかった、という可能性が挙げられます。

 

例えば、脂性が原因でハゲてきたのにノコギリヤシのサプリを飲んでいた!という感じで。
まず、サプリを取り入れる前に自分の何が原因ではげているのかをしっかり見極めることが大切です。

 

次にこれは特にAGAによく見られるのですが、すっかり進行してしまったハゲの人がサプリをいくら飲んでも劇的にふさふさにによみがえるなんて夢のような話はありません。
進行してしまったAGAはお医者さんの治療が壱番効果的。
ちょっとやばいかな〜という段階で早めの対策としてサプリを飲むことによって、症状を食い止められるというのが基本の使いかた。

 

ふさふさによみがえる期待を持つよりは、これ以上の進行を食い止めるためにサプリはあると考えたほうが良いでしょう。

 

薄毛対策おすすめサプリはこれ!
Boston(ボストン)

ボストン

AGA対策としてぜひとも取っておきたいノコギリヤシ・亜鉛・イソフラボンに加えて髪の毛を太く丈夫にするコラーゲンペプチドが配合されていて、ネットの口コミでも効果が高いと評判のサプリです。

 

チャップアップサプリ

チャップアップサプリ

薄毛対策にいいノコギリヤシ・亜鉛にフィーバーフューという発毛サイクルを正常に戻す効果がある成分を配合。
そのほか髪の毛にいいとされている18種類の生薬を配合して発毛をカラダの中からサポートしてくれます。

 

フェルサ

フェルサ

薄毛の原因は色々あれども、結局は髪の毛が十分に育つためのヘアサイクルが乱れたり、期間が短縮してしまうことにより薄毛というのは起こります。
フェルサはこのヘアサイクルに着目。
短くなってしまったヘアサイクルを元の2年から5年へ戻すことに重点を置いたサプリメント。
成分はノコギリヤシの他にアミノ酸、亜鉛の豊富なミレットという穀物を使ったエキスを配合することで、ヘアサイクルを正常に戻します。