AGAに効果がある治療薬

AGAに効果がある治療薬

アメリカ食品医薬品局、FDAによれば、AGAにしっかりと効果がある治療薬として、プロペシアとミノキシジルを挙げています。

 

内服薬、外用薬として服用、使用も楽で便利です。
いま、日本でフィナステリド系内服薬として摂取できるのはプロペシアだけです。

 

プロペシアについて

プロペシアは抗アンドロゲン薬で、5α-還元酵素を減らし、AGAの原因になるジヒドロテストテロンへの変換を防ぎます。
抜け毛、薄毛の症状の進行を防ぎます。もともとは、男性の前立腺肥大の治療薬として開発され、その後、AGAにも効果があることが確かめられました。

 

海外でも60カ国以上で承認されています。
ただし、このプロペシアは、発毛に作用する薬ではありません。

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルでは、血管拡張の為の薬として開発された経緯があり、その後、発毛にも応用できるとして転用されている経緯があります。

 

日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で出回っています。
もともとミノキシジルは内服薬でもありましたが、副作用が報告されたので、最近は外用薬として用いるのが一般的になっています。

 

ミノキシジルの効果を狙って、高濃度な成分が入っている内服薬やジェネリック医薬品も輸入して手に入れることができますが、副作用の懸念があるので気をつけましょう。

 

どちらの薬も半年以上の服用・カウンセリングが必要
また、これらの治療薬の効果を得るには、最低でも6ヶ月以上の連続投与が必要といわれており、髪の新陳代謝とともに、徐々に効果がでてくるということを知らなければなりません。

 

AGAを進行させる他の複合要因も考えられることから、まずは医療機関の診察を受けて適切や処方薬の選択と、同時に改善すべき生活習慣や、シャンプー、育毛剤についてもカウンセリングが必要でしょう。

 

その他のAGA治療薬について

 

フィナステリド系の薬品としては、プロペシアの他に

  • プロスカー
  • フィンカー
  • フィンペシア
  • フィナックス
  • プロステリド

などの商品名で、またミノキシジルでは内服薬のロニテンがあります。

 

日本ではAGA治療薬の選択肢が少ない上、それぞれの有効成分の配合が控えられている部分もあります。
それぞれの症状にあわせて、自己責任で薬剤を選ぶのはいいのですが、リスク部分もしっかり認識しておくことが大事です。

 

海外では効果が出ている人続出でも、日本で有効な臨床結果がでていない場合は、体質や環境要因によって思わぬ結果をもたらすことがあります。

 

もともとはAGA治療用に開発されたものではなく、他の治療薬として開発された経緯があるこれらの薬剤は、その本来の効能は無視できないものであることを知りましょう。