AGA完治までの考え方

AGA治療完治までの考え方

AGA治療をこれから始める方は、最終的な治療レベルをどの辺りにもってくるか、最初に検討する必要があります。

 

最初に、どれくらいの状態に戻したいのか、つまり

  • 髪のボリュームを増量、質をあげていきたい
  • 今の髪の状態維持につとめたい

等、具体的な目的をしっかりもつことで、処方薬の複数投与やAGA治療の方向性を決めるのです。

 

髪は見かけ年齢を左右する重要なポイントではありますが、AGA治療は、最低でも6ヶ月の治療が必要な根気のいる作業でもあるし、習慣化しないと効果を得るには難しい所もあります。
また、持病があってすでに処方薬を服用している場合には、その服用薬との兼ね合いも考える必要があります。

 

そういった地道な努力を重ねて行く上で、自分のモチベーションを保つためにも、AGAが治療できた自分の姿を、具体的に思い描いておくと良いでしょう。

 

 

AGA治療のゴールは人それぞれ

 

AGAの治療レベル、つまり自分にとってベストな髪の状態は、個人の好みや年齢によって変わりますし、時代の風潮にもよるのではないでしょうか。

 

もちろん髪が薄くなったり、脱毛に悩み、額の生え際が後退、頭頂部が薄くなってきたら、AGA治療を始める必要があります。
でも、AGA治療の効果が出始めたとしても自分の年齢に不相応なヘアスタイルになったり、白髪とのバランスを無視したり、坊主がその人のスタイルとして定着している場合には、AGA治療が有効ではなかったり、不要な場合があります。

 

あくまでその年齢やその人の雰囲気で、ベストなヘアスタイルというのはあると思いますし、必要とする髪の量やレベルもあると思います。
また今はより自然に見える人工カツラや増毛法も工夫され、地毛にこだわることがなければ、さまざまなヘアスタイルにすることが可能になっています。

 

加齢によって頭髪が薄くなることや白髪が増えるのはある意味当然のことですから、無理をしないでバランスのよい増毛計画、AGA治療をしていくことが大事でしょう。
50代になってから、いまさら10代のようなふさふさハリのある髪を目指しても、あなたの現状にはマッチしないのは当然ですから、自分にあったヘアプラン、ヘアスタイルを維持できれば全く問題ありません。

 

AGA治療をどのくらいで「完治」と見なすかは、あなたが決めることです。