AGAの遺伝子検査について

AGAの遺伝子検査について

AGA、男性型脱毛症になる可能性、またいま直面している毛髪の悩みがAGAに起因するものかどうかを判定するのに、AGAの遺伝子検査があります。

 

この遺伝子検査を受けることにより、将来の脱毛進行度、AGA治療薬が効くかどうか、またその症状にマッチした治療をすすめることができるので、治療の最初にこの遺伝子治療を受けたほうがいいでしょう。

 

このAGA遺伝子検査は毛髪のDNA配列を解析することで判明します。
AGAの要因となるジヒドロテストテロンが作用する、毛乳頭細胞のX染色体のcagリピートと呼ばれる構造が長いとAGAのリスクは少なく、短いとリスクが高いです。

 

この検査を行なうことによって、他の薄毛の症状、例えば

  • 円形脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 機械性脱毛症や薬剤、抜毛症による脱毛

とAGAを区別することができます。

 

AGAの遺伝子検査の方法

 

AGAの遺伝子検査は、病院か専門機関で受けにいく方法と、自宅でAGA遺伝子検査キットを使う方法と両方あります。

 

病院でのAGA遺伝子検査の方法

病院では毛髪をもとに検査をします。

 

検査を受けてから、結果が分かるまで約1ヶ月ほど時間が必要です。
検査結果を再度聞きにいくことになります。

 

費用:2万円前後

 

自分でキットを使ったAGA遺伝子検査の方法

自分で調べる場合は、口内の粘膜を採取します。

 

自分でキットで調べる場合は、検査結果は郵送でやり取りされます。
キット郵送なら2、3週間くらいで結果が出来ます。

 

費用:1万3千円程度

 

このように、費用面で言えば、かなり自己検査のほうが割安です。

 

AGAという結果がでたときに、病院や専門機関で検査を受けた場合は、その検査結果をもとにして、すぐにAGA治療を進めることができます。
ただし、キット診断によっては、まず医療機関探しから始めないといけません。
自分で効果がありそうな薬剤を探すとしても限界がありますから、結局は医療機関にかかったほうがより効果的な治療ができることは間違いないでしょう。

AGAの遺伝子検査って信憑性はある?

 

AGAの治療の参考にするために、遺伝子検査を実施するクリニックもあります。
AGAの遺伝子検査は、クリニックなどの医療機関で実施できるほか、ドラッグストアやインターネット通販より購入して行うこともできるようになっています。

 

AGAの遺伝子検査とは?

AGAの遺伝子検査とは、アンドロゲンレセプター上に存在するCAGおよびGGCと呼ばれる塩基配列のリピート回数を調べる検査です。
リピートする回数が少なければ少ないほど、DHTと毛乳頭のアンドロゲンレセプターと結びつきやすく、AGAとなる確率が高いとされています。

 

 

発症率は70%〜80%

AGA遺伝子検査の結果によって、AGAが発症する確率は70%〜80%と言われています。
そのため、遺伝子検査の信憑性には疑問が残るという考えと、信憑性があるという考えに分かれています。

 

遺伝子検査の結果は、あくまでもAGAが発症するリスクを示しているだけに過ぎないのです。

 

市販遺伝子検査のながれ 

 

市販されている遺伝子検査は、スワブ式と唾液式の2種類に分かれます。

 

スワブ式

@最初にうがいをして口の中を清潔にします
A検査キットに入っている綿棒にて頬の内側を何回かこすります
Bこすった後は、検査キットの中に綿棒を戻して終了です

 

唾液式

@最初にうがいをして口の中を清潔にします
A検査キットに入っている唾液採取用のチューブの目盛線に合わせるように唾液を垂らします
B唾液を採取し終わったら、ふたを閉めて完了
※ふたを閉めた後に保存液が出るものが多いようです。

 

検査完了通知

検査完了後は、返信用封筒に検査キットと同意書をいれて送付します。
返送後、おおよそ1ヶ月後に検査完了通知が届きます。

 

郵送での通知の他、インターネット上で確認できる場合もあるみたいです。

 

注意

遺伝子検査は、別の会社の検査キットを使用することで、全く違う結果がでる可能性があるみたいです。
検査項目が検査する会社によって異なることがその理由となっています。

 

遺伝子検査は女性や子供も受けることができる?

AGAの遺伝子検査は女性用キットも販売されています。
そのため、女性が受けることも可能となっています。

 

子供遺伝子検査も存在しますが、子供の場合は、子供の持つ潜在能力や遺伝子ごとの特性を確認する目的で行われることが多く、その結果を踏まえてその後の子育てや教育の参考にすることが多いようですよ。

 

女性のAGA遺伝子検査

女性のAGA遺伝子検査は、男性の場合と同様、専門のクリニックや病院で検査するほか、ドラッグストアやネット通販で検査キットを購入するやり方があります。

 

女性の場合は、男性と違い、AGA遺伝子検査の結果によって、プロペシアを処方するという方法では改善に向かわないため、女性用の治療をしてもらう必要があります。

 

そのため、検査キットの購入よりも、クリニックや病院で検査を行った方が、その後の治療が適切に進むことに繋がります。

 

遺伝子検査の信憑性

遺伝子検査の結果によって、100%必ずAGAになるとは限りません。
AGAは遺伝によるものだけが原因だけではないためです。
そのため、遺伝子検査は、信憑性があるという考え方の他にもあくまでも参考程度に留めておく方が良いという考えと、あまり関連性はないという考えが存在します。

 

AGAの遺伝子検査は医療機関で受けましょう

きちんとしたAGA病院・クリニックであれば、あなたの脱毛傾向を説明してくれるのはもちろん、これ以上AGAの進行させないための生活習慣・食生活・洗髪方法の改善についてのアドバイスももらえます
その上、電話での問い合わせ・対策サポート付きのところもありますから、かなりきめ細やかなサービスが期待できます。

 

無料カウンセリングを行なっていたり、遺伝子検査を受ける為、初診だけの利用も可能なところも多くあります。
この機会に、もっと気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
いづれにせよも早めの検査と治療計画が必要ですから、まずは一歩治療に踏み出してみましょう!