AGAの遺伝子検査について

AGAの遺伝子検査について

AGA、男性型脱毛症になる可能性、またいま直面している毛髪の悩みがAGAに起因するものかどうかを判定するのに、AGAの遺伝子検査があります。

 

この遺伝子検査を受けることにより、将来の脱毛進行度、AGA治療薬が効くかどうか、またその症状にマッチした治療をすすめることができるので、治療の最初にこの遺伝子治療を受けたほうがいいでしょう。

 

このAGA遺伝子検査は毛髪のDNA配列を解析することで判明します。
AGAの要因となるジヒドロテストテロンが作用する、毛乳頭細胞のX染色体のcagリピートと呼ばれる構造が長いとAGAのリスクは少なく、短いとリスクが高いです。

 

この検査を行なうことによって、他の薄毛の症状、例えば

  • 円形脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 機械性脱毛症や薬剤、抜毛症による脱毛

とAGAを区別することができます。

 

AGAの遺伝子検査の方法

 

AGAの遺伝子検査は、病院か専門機関で受けにいく方法と、自宅でAGA遺伝子検査キットを使う方法と両方あります。

 

病院でのAGA遺伝子検査の方法

病院では毛髪をもとに検査をします。

 

検査を受けてから、結果が分かるまで約1ヶ月ほど時間が必要です。
検査結果を再度聞きにいくことになります。

 

費用:2万円前後

 

自分でキットを使ったAGA遺伝子検査の方法

自分で調べる場合は、口内の粘膜を採取します。

 

自分でキットで調べる場合は、検査結果は郵送でやり取りされます。
キット郵送なら2、3週間くらいで結果が出来ます。

 

費用:1万3千円程度

 

このように、費用面で言えば、かなり自己検査のほうが割安です。

 

AGAという結果がでたときに、病院や専門機関で検査を受けた場合は、その検査結果をもとにして、すぐにAGA治療を進めることができます。
ただし、キット診断によっては、まず医療機関探しから始めないといけません。
自分で効果がありそうな薬剤を探すとしても限界がありますから、結局は医療機関にかかったほうがより効果的な治療ができることは間違いないでしょう。

 

AGAの遺伝子検査は医療機関で受けましょう

きちんとしたAGA病院・クリニックであれば、あなたの脱毛傾向を説明してくれるのはもちろん、これ以上AGAの進行させないための生活習慣・食生活・洗髪方法の改善についてのアドバイスももらえます
その上、電話での問い合わせ・対策サポート付きのところもありますから、かなりきめ細やかなサービスが期待できます。

 

無料カウンセリングを行なっていたり、遺伝子検査を受ける為、初診だけの利用も可能なところも多くあります。
この機会に、もっと気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
いづれにせよも早めの検査と治療計画が必要ですから、まずは一歩治療に踏み出してみましょう!