AGA病院・クリニック情報のAGAプラス

【AGA】治療は保険適用外?専門のクリニックで!

 

一般的に、医療機関でのAGA治療は、自由診療、つまり全額負担になる可能性があります。

 

 

AGA治療が保険適用にならない理由

 

AGA保険適用外

 

まずAGAの治療は大きく分けて以下の4種類あり、全て厚生労働省が定めた医療保険の適応から外しています。

  • 飲み薬
  • 塗り薬
  • 植毛
  • 発毛

 

分類すると、美容整形などの治療と同じジャンルなので、医療保険が適用されないのです。よく考えれば分かるはずです。そうです。この治療を受けなくても命に別状はないのですから。なので適用外とされています

 

そして現在のように、医療機関でAGA治療をするのが一般的になっていても、負担額が気になって医療機関に相談するのをためらってしまう人が多いのです。そのような理由から海外からAGA薬剤を個人輸入したり、AGA遺伝子調査キットが流行っていたりするのでしょう。

 

 

AGA治療が保険適用にならない理由は、病気や怪我などと違って、

  • 生命に支障をきたすような疾患ではない
  • 予防医療や健康維持の為の医療行為である

 

ということから、審美歯科や美容系の治療と同じように見られていることです。ただし、AGAによって医療機関にかかり、その結果他の病気が発見されたりした場合は、当然その部分は保険適用になります。

 

また、保険適用外だったとしても、この治療費と処方された処方代は、毎年の確定申告にて医療費控除対象になります。その為、全額ではありませんが、費用の一部を還付されます。治療にかかる費用が心配な方は、まずは治療費用を無料カウンセリングで問いあわせてみましょう。

 

 

AGA治療薬の費用は1ヶ月1〜2万円
一般的にAGA治療で使う薬剤は、1ヶ月分でだいたい1万円〜2万円前後です。
症状によって使う薬剤は違いますし、個人差もあるので、一概には決められませんが、ある程度の継続的な出費は覚悟しておきましょう。

 

 

AGA治療は専門のクリニック・病院で受けましょう

 

AGA治療は専門のクリニックで

 

保険適用外だし、安く済ませたいから自分で…とお考えの方もいるでしょう。確かに、AGA遺伝子検査をしたり個人で薬剤を個人輸入、通信販売で安く手に入れることは可能ではあります。しかし、副作用リスクもあるので、万が一症状の進行や、病気のリスクを増やしてしまったら仕方ありません。また、医療機関での治療と違い、確定申告時の医療控除対象にはならなりません。

 

双方のメリット、デメリットを考えて冷静に判断した方がいいでしょう。

 

まずは、自分がAGAのリスクがあるのか、症状としてはどれくらい進行しているか等、今の状態を確実に把握して、将来の治療計画を練った方が良さそうです。自分の体質に合っていない輸入治療薬や市販されている育毛剤で不毛な努力を続けるよりは、まず確実に医療機関に通い、費用はかかっても建設的に治療をすすめていったほうが確実です。

 

 

まとめ

 

今回の調査で分かった事は、AGA治療は医療保険は適用されない。ということ。がっかりする気持ちはもちろん分かります。(筆者もかなり落ち込みました。)ですが、

 

 

すぐに治療を始めれば、いまの数万円が将来の髪を救うことになるかもしれません。

 

 

今、この一瞬のためらいで再生可能な髪の毛が再生不可になる可能性もあります。よくよく考えてくださいね。こればかりは、一度放置して治療しなければならないタイミングを逃すともう手遅れ…なんて事も多々あるので。

 

早めに治療を始めて、後悔がないように考えておきましょう!