AGAになってしまう原因

AGAになってしまう原因

加齢とともに気になってくる男性の薄毛、抜け毛ですが、最近はこの症状をAGA「男性型脱毛症」と呼び、一つの症状として治療していく傾向が高まっています。

 

ここでは、その原因について見ていきましょう。

 

AGAになる原因

原因@:遺伝的要素

AGAになりやすい家系、遺伝的要素が強いとしても、症状が早めに出てくる人と加齢してから出てくる人がいます。
主な原因として、男性ホルモンのテストテロンと5α-還元酵素という成分からジヒドロテストテロンがつくられ、髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまう症状をもたらします。

 

髪の毛自体が短くて細くなると、ボリュームが減少しますし、髪の新陳代謝のサイクルを阻害します。また、この男性ホルモンが原因だけではなく、他の原因が重なるとよりAGAが悪化してしまいますが、早めの治療と適切なケアで食い止めることもできます。

 

原因A:生活習慣

また、AGAになる原因の一つとしてインスリンレベルも指摘されており、メタボリックシンドロームやその他のリスク要因によって、AGAをより進行させます。
生活習慣がAGAに及ぼす影響は少なくなく、日本では第二次世界大戦後になってからAGAが激増したことから、食事や生活習慣要因もかなり疑われるところです。

 

原因B:遺伝・生活習慣の複合的要因

AGAの発症因子としては、これらの条件が重なり合って、また生活上のその他の問題、ストレスや使っているバストイレタリー用品の選択の間違いなども重なり、発症、そして症状がどんどん進んでいくものと考えられています。
まずは毛髪のDNA配列のチェックをして、AGAのリスクと治療薬が効く体質かどうか、調べましょう。
専門の医療機関で受けることができます。

 

昔は効果に個人差が大きかったAGA治療

 

最近では、医療機関で専門治療を受けたり、処方箋を用いる方も増えましたね。

 

もともとAGAに効果があるサプリメント、ヘアケア商品などは多く出回っていましたが、最近ではより確実に効果が得られるもの、薬剤も臨床結果がでているもの、そして個人の体質やAGAの症状にあわせたAGAケアが主流になっています。

 

AGAは英語でAndrogenetic Alopeciaと呼び、男性が思春期以降に頭の頭頂部や額、髪の生え際が徐々に薄くなっていく症状です。
この脱毛には、男性ホルモンの影響、そして遺伝的要素が原因といわれていて、ストレス由来の円形脱毛症や、頭皮の状態や薬剤の副作用で脱毛するのとはまた別の要因で引き起こされます。

 

AGA、男性型脱毛の治療は、いままで一緒くたにされていて、それぞれの個人がどういった理由で薄毛、抜け毛になっているのかを調べず、治療法もどの脱毛症状に効くのか、曖昧なところがありました。
最近では研究や臨床薬の研究が進み、早期治療によって、大分症状を改善できるようになっています。