AGAになってしまう原因

【AGA】原因はストレス?予防対策ってあるの?

 

加齢とともに気になってくる男性の薄毛、抜け毛ですが、最近はこの症状をAGA「男性型脱毛症」と呼びます。実際にAGAや男性型脱毛症と言われてもあんまりピンとはこないですよね??むしろ、何!?重い病気なの!?と思う方もいるかもしれませんが…分かりやすい別の言葉に置き換えると、ハゲはじめてる、髪が薄くなってきている、のような状態の事。と、捉えて貰えれば良いです!

 

一般的に思春期のころはそのような症状に、あまりならなく、思春期を終えたと共に、額の生え際、もしくは後頭部、あるいは頭のてっぺんから薄くなるのが一般的のようです。全然かまわない。と割り切れる人はこのサイトに用はないですね。

 

ですが、しょうがないか…と希望を失っているのなら、それは早まりすぎですよ。この治療や、栄養、健康という面の技術進歩は凄まじいものがあります。もちろんサプリメントや予防系などの商品レベルも数年前より格段に上がっているといえます。近年はAGA、ハゲ、薄毛といったこのような症状を根気強く治療していく傾向が高まっています

 

 

ここでは、その原因について見ていきましょう。

 

 

AGAになる原因

 

AGA効果

 

原因@:遺伝的要素

 

AGAになりやすい家系、遺伝的要素が強いとしても、症状が早めに出てくる人と加齢してから出てくる人がいます。主な原因として、男性ホルモンのテストテロンと5α-還元酵素という成分からジヒドロテストテロンがつくられ、髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまう症状をもたらします。

 

髪の毛自体が短くて細くなると、ボリュームが減少しますし、髪の新陳代謝のサイクルを阻害します。また、この男性ホルモンが原因だけではなく、他の原因が重なるとよりAGAが悪化してしまいますが、早めの治療と適切なケアで食い止めることもできます

 

原因A:生活習慣

 

また、AGAになる原因の一つとしてインスリンレベルも指摘されており、メタボリックシンドロームやその他のリスク要因によって、AGAをより進行させます。生活習慣がAGAに及ぼす影響は少なくなく、日本では第二次世界大戦後になってからAGAが激増したんです。これは驚きですよね。昔の生活より、今の生活のほうが断然豊かで快適です。それは確実に間違いないです。

 

ですが便利な物や事が増え、さらに働く量も多く、日常の生活から無意識的に多大なストレスがかかっているようです。でなければ、何倍も豊かである今の時代にAGAが増えるなどあり得ないからです。ストレス社会という言葉が一時期流行ったように、精神的に受けるダメージや縛られた環境の中での暮らし。何の為に働くのか分からない人達…そうなんです。これじゃあAGAになってしまうのも仕方がない気がします。この様な点を踏まえると、ストレスや食事、睡眠などの生活習慣要因がかなり疑われるところです

 

原因B:遺伝・生活習慣の複合的要因

 

AGAの発症因子としては、これらの条件が重なり合って、また生活上のその他の問題、ストレスや使っているバストイレタリー用品の選択の間違いなども重なり、発症、そして症状がどんどん進んでいくものと考えられています。

 

まずは毛髪のDNA配列のチェックをして、AGAのリスクと治療薬が効く体質かどうか、調べましょう。専門の医療機関で受けることができます。

 

AGAの特徴はこれ!

 

AGA特徴

 

AGAの特徴は抜け毛または薄毛が、ゆっくりと時間をかけて進行していきます。また、額の生え際、後頭部などから薄くなっていき、毛包があまり育たないのが特徴です。ですが、AGAは決して髪が無くなるわけではありません。薄くはなりますが、うぶ毛は残っているので、太く長く育つ可能性があります。

 

薄くなっているだけで投げ出してはいけませんよ。ケアの流れを把握し、準備をし、しっかりケアを続ければ蘇るので実は諦める必要などないのです。

 

昔は効果に個人差が大きかったAGA治療

 

AGA治療

 

最近では、医療機関で専門治療を受けたり、処方箋を用いる方も増えましたね。もともとAGAに効果があるサプリメント、ヘアケア商品などは多く出回っていましたが、最近ではより確実に効果が得られるもの、薬剤も臨床結果がでているもの、そして個人の体質やAGAの症状にあわせたAGAケアが主流になっています。

 

AGAは英語でAndrogenetic Alopeciaと呼び、男性が思春期以降に頭の頭頂部や額、髪の生え際が徐々に薄くなっていく症状です。この脱毛には、男性ホルモンの影響、そして遺伝的要素が原因といわれていて、ストレス由来の円形脱毛症や、頭皮の状態や薬剤の副作用で脱毛するのとはまた別の要因で引き起こされます。

 

AGA、男性型脱毛の治療は、いままで一緒くたにされていて、それぞれの個人がどういった理由で薄毛、抜け毛になっているのかを調べず、治療法もどの脱毛症状に効くのか、曖昧なところがありました。最近では研究や臨床薬の研究が進み、早期治療によって、大分症状を改善できるようになっています。

 

まとめ

 

AGAのような髪が薄くなりやすい原因は主に

 

  1. 生活習慣
  2. 遺伝
  3. 複合的要素

 

と、お伝えしましたが、現在までの研究は、徐々に遺伝のことが明確になりつつあるものの、まだまだ不明点がたくさんあるとされています。なので、遺伝の部分は避けようがありませんが、上記でもお伝えしたように、回復する見込みもあるのです。正しいケアを毎日続ければ少なからず進行は遅らせる事も出来ますし、前よりもボリュームが増したりもします。

 

遺伝のことを気にするよりもまず、生活の見直しから入りましょう。なるべくストレスをかけない生活環境づくりをする。意外とズボラにしがちなバス・トイレ用品を清潔で綺麗なものを。などから始め、病院で一度自分の体質を調べ、自分にあったAGA治療をすれば、少なからず今よりは気分も心も体も確実にハッピーになれると共に、今よりさらに清潔でキレイになれるので、一石二鳥です!

 

 

何事も根気強く努力する事が人生を変える1つの手段なのではないでしょうか?